道草だらけの人生凸凹日記

一人農家・ニコニコファームのドタバタ日記

一難去ってまた一難②

まだ二枚目の田んぼ代かきが出来ない。 さぁ今日こそ代かきだ!と、トラクターで走り出したら何かがおかしい。 嫌な予感。。 トラクターが左側に傾いてる。 降りて確かめてみると左後輪が完全にパンクしていた。 昨年は右後輪がパンクして農機具屋さんにタイ…

一難去ってまた一難①

なかなか2枚目の田んぼの代かきが出来ない。 一枚目の田んぼの代かきが終わった後、地権者さんに排水管の詰まりを指摘された。 排水管が詰まっているなら田んぼに水が入れられなくなってしまう。 これは大変だと、地権者さんの案内で歩道脇の排水枡の分厚い…

田んぼの四隅は土が溜まる

こちらの田んぼの明渠づくりもやっとゴールしたので、トラクターで乗り入れて効果を確かめてみたい。 土に埋もれていた水路の堀さらいと、田んぼの隅に溜まった土を剣スコップで移動。 トラクターで耕耘するとどうしても田んぼの隅っこに土が溜まって盛り上…

大豆畑はスズメノテッポウだらけ

田んぼの準備の合間に今年大豆を作付けする予定の畑を耕す。 トラクターでウナってたら何かが動いていたのでモグラかと思って近づいたらネズミだった。 https://youtube.com/shorts/zCuUfg-h9kM?feature=share モグラは田んぼに穴を開けて水を抜いてしまうの…

暗渠壊れてる❓

暗渠から水が流れ落ちる。 https://youtube.com/shorts/CqTWJg4gIrg?feature=share 残念ながら明渠を掘ったけど、効果はイマイチ。スズメノテッポウだらけで我慢できずトラクターでウナったけど、スタックしそうになって結局途中で諦めた。 明渠の下に暗渠が…

サボると必ずしっぺ返しがある

日本では水稲の苗床をビニールハウスにする方が多いと思うが、ぼくは田んぼの一角を仕切って露地プール育苗する。 だから種まきは霜が降りなくなる4月20日以降に プール育苗の利点の一つは灌水が楽なこと。普通の育苗は水道ホースを使ってひたすら水をか…

『桜が咲いたら種をまけ』

『桜が咲いたら種をまけ』 というのは故・稲葉光國先生の教え。桜も散ってしまったけど、仲間の助けを借りて水稲の種まきをしました。今年はササニシキと山田錦。 機械を使っての種まきは苗箱や土・種籾の補充、種まきが終われば苗箱の取り出し等人手が欲し…

自分の頭で考えろ

ポット式水稲播種機の試運転。故・稲葉光圀先生が推奨していたポット苗は一般的に広く普及しているマット苗に比べて苗が大きく育つ(成苗)ので、深水を行う無農薬稲作に向いている。 また苗の根っこを切らずに田植えが出来るので活着が良く、成長が早いとい…

4月のボランティア募集

ニコニコファーム4月の作業予定をお知らせします。 もし良かったらお手伝い下さい。 お礼は現物支給もしくは昼飯(晩飯?)です。 特に人手が必要なのは、 16日(金)明渠の手掘り 21日(水)苗箱洗浄、唐箕がけ 25日(日)水稲種まき 27日(火)苗…

栃木の種(たね)が危ない!?

こんにちは。みなさん、農家は種をどうやって手に入れているか考えたことありますか?お店やメーカーから買ったり、自分で育てた作物から直接、自家採取したり・・方法は様々ですが、今までは安全な種を安定的に国や県が(主に米、麦、大豆)を提供してきま…

日光市三依(みより)が面白い!

日光市は日本でも3番目に広い面積があるそうで、僕の住む今市から福島県に近い三依までは車で1時間ほどかかります。 三依に近い五十里ダム 今回、三依に行った目的はこちら。 古代村の看板 だいや体験農場で蕎麦栽培を行うので、古代村さんに種を分けても…

虎屋の白小豆

みなさんは和菓子で有名な虎屋さんをご存知でしょうか❓ 今回、ご縁があって、虎屋さんのために貴重な白小豆をつくることになり、民間稲作研究所で行われた栽培講習会に参加しました。 大豆みたいですが、白い小豆。 元々は京都から種を頂いて群馬で栽培をし…

伝統野菜を守りたい

日光市には野口菜、唐風呂大根、舟石芋など数々の在来野菜があります。伝統野菜を守り隊が集まり、古民家居酒屋・菜音で、食事会をしました。 お品書き 地元野菜のサラダ 旬の鮮魚三点盛り 帆立のカルパッチョ アスパラ豚串 サプライズの生牡蠣 若鶏もも唐揚…

だいや体験農場にサルが出没

2019年6月のだいや体験農場は猿に振り回された月だった。5月30日頃、4月13日に定植した男爵ジャガイモが何者かに引っこ抜かれていました。 後日、再度サルがやって来て、合計で20株ほどジャガイモを引っこ抜かれてしまいました。体験農場の周辺…

2019年の田植えを振り返って

色々あった2019年の米づくり。ひとまず田植えが終わったので、これまでを振り返ります。4月8日 民間稲作研究所にて温湯消毒。60℃のお湯に7分間コシヒカリの種もみを浸して、病害虫から守ります。 温湯消毒後、浸種を開始。今年は水を20℃に保つた…

民稲研ポイント研修(大豆・麦編)

2019年は農地が2反から1.5町へ一気に拡大し、大豆と菜種を栽培する予定なので、民間稲作研究所にて行われたポイント研修を受講しました。日本国内産の大豆、特に有機大豆は不足しているそうです。座学の後は早速、麦の刈取り実習。稲葉先生より汎用…

草刈り、草刈り、草刈り・・

とうとう梅雨入りしましたね。この季節になると、草の勢いがグン!と増すような気がします。さてさて休止状態が続いている古民家再生ですが、畑の草刈をやりました。 畑(その1)草刈り前 畑(その1)草刈り後 畑(その2)草刈り前 畑(その2)草刈り後 …

だいや体験農場に来ませんか❓

日光連山 2019年4月より、栃木県営・だいや川公園内にある体験農場の管理を任されることになりました。 サトイモの植付け 個人的に野菜作りはしばらくお休みしていたので試行錯誤の連続ですが、それなりに楽しいです。目玉としては日光在来の野菜が3種…

ポン菓子不発!でした。。

2019年5月5日は、こどもの日。UTUNOMIYAよくばりマルシェにポン菓子屋で出店しました。 youtu.be 売り上げは、相棒のカトちゃん善戦むなしく惨敗・・ワースト記録達成になってしまいました。あまりにもヒマだったので、もてこちゃんと記念撮影。 キッ…

ポン菓子出店のお知らせ

【よくばりマルシェ・ポン菓子出店のお知らせ】 ニコニコファームは、無農薬・無化学肥料で育てた玄米を使ったポン菓子を実演販売します。景気よくドカン!と爆発しますので、お子さんは大興奮間違いなし 遊びに来てね 日時:2019年5月5日 10:30…

2019年から農地拡大します。

昨年、2018年の農地はたった19a(1900㎡)で、なんとか農家を続けることが出来ました。(昨年の田んぼの様子はこちらをご覧ください)http://kaze69r-dekoboko.hatenablog.com/entry/2018/10/23/000000そんな様子を見てくれている人がいて、空いて…

七田さんちで餅つき

平成最後の年末は日光市三依の自給自足ファミリー七田さんちで餅つきをしました。七田さんちの家はすべてセルフビルド。 家の裏には小川が流れてます。 youtu.be前日から降り出した雪で山も真っ白。 雪が降る中、みんなで餅つき。 ついた餅は丸めて・・ まず…

ぼっち忘年会

昨日の二次会は一人で、車も通れない川沿いの路地裏にあるなじみの居酒屋へ行った。 一次会は苦手な人と初めてサシで呑んだ。 腹を割って話したら、それほど嫌な人じゃないって分かった。 「嫌いな人こそ自分の鏡」という言葉は本当かもしれない。なじみの居…

生きること

次から次へと問題山積みで、オールクリアになることは無い。 それが生きてる証拠。 にほんブログ村

有機農業推進フェアも盛況でした。

今年で11回目を迎える老舗イベント「有機農業推進フェア」にニコニコファームはポン菓子販売で初出店しました。 上三川町のお囃子が良い感じでした。 youtu.beニコニコファームのブース、助っ人カトちゃんやる気マンマン。 お世話になってる民間稲作研究所…

天空の収穫祭2018は良い天気でした。

天空の収穫祭は今年も良い天気で、色んな人と話が出来て楽しい一日でした。主催側が楽しいイベントって良いですね。 霧降高原レストハウス「Cafeキスゲ平」のブレンドコーヒー ワンプレイトの「キリフリ焼き」❓これで100円は安い! キリフリ自然学校のス…

籾摺り終わった。

今年収穫したコシヒカリ籾摺り完了。 youtu.be 田んぼは約1.6反で15.9袋。他、くず米3.3袋1反換算で収量は約5俵(9.9袋) 慣行米の標準収量は1反あたり16袋(8俵)なので、有機米で1反5俵はやはり少ない。 目標はまずは1反6俵。 yout…

ようやく脱穀

天日干しにした稲も水分が14%ほどになてきたので、いよいよ脱穀作業です。 脱穀は先輩のコンバインを使わせて頂きました。 稲を一束一束コンバインに投入するのですが、手が巻き込まれないよう細心の注意を払います。 youtu.be 天日干しした稲の脱穀は手…

稲刈りやっと半分終わり。

今日もバインダーで稲刈り。 バインダーの調子が悪く、相変わらず5回に一度くらい紐が絡まってしまうので、余計に時間がかかってしまう。 この田んぼを紹介してくれた先輩に手伝ってもらってしまいました。 育苗ハウスへのはで掛けも時間がかかり根気がいる…

なかなか終わらない稲刈り・天日干し

稲刈り・天日干しがなかなか終わらない。 その原因の一つは倒伏してしまった稲。 昨年より3倍くらい時間がかかっているような気分。 お手伝いに同級生の親父さんで陶芸家の橋本誠さんが来てくれました。 稲刈りは初めてということでしたが、バリバリ働いて…